フィラリアの薬の種類は飼っている犬猫に合わせて選ぼう

白い薬

フィラリアの予防期間

犬猫の病気であるフィラリアは予防期間の間、投薬を行うことで予防します。これはどの薬の種類のときでも同じです。きっちりと最後まで投薬を行うことがフィラリアの予防で大切なことです。

手のひらの薬

予防薬の種類は?

犬猫用のフィラリア予防薬は様々な種類があります。それぞれの薬の種類について、特徴や長所を知っておくことで薬の種類を選ぶときにうんと楽になります。飼っている犬猫の性格などにも合わせて選ぶことも可能です。

白い錠剤

通販の利用がオススメ

犬猫のフィラリアの薬を安く手に入れたいのなら、通販で手に入れるのがオススメです。個人輸入代行なら日本国内で手に入れるよりも安く購入することができます。取り扱われている薬の種類は人気が高いタイプのものが一番多いようです。

コップと薬

コンテンツ一覧

「フィラリアの薬の種類は飼っている犬猫に合わせて選ぼう」のコンテンツ一覧です。

犬猫共通になっている病気

指でつまんでいる薬

犬猫をペットとして飼っていると、フィラリアという病気の名前をよく耳にしませんか。
ペット用の薬を探していると、犬猫用のフィラリア予防薬はたくさん出てきますし、薬の種類も豊富ですよね。
通常、病気といえば種類や年齢、体重やそのときの体調などの要因が絡み合って発症しますが、フィラリアはそれらの要因に関わらず感染するリスクがある病気なんです。
以前は犬の病気という印象が圧倒的に強かったのですが、最近では猫のフィラリアも危険視されるようになっており、犬猫共通の病気になっています。

フィラリアは蚊を中間宿主とする感染症で、フィラリアにかかっている犬や猫の血を吸った蚊が健康な犬や猫の血を吸うことで感染が広がっていきます。
フィラリアの幼虫を宿している蚊が吸血を行う際に、フィラリアの幼虫が体内へ入り込んで体内で成長し、最終的に心臓や肺の動脈へ寄生し、様々な症状を引き起こします。
最悪の場合は死に至ることも多い病気で、猫の場合は感染しても無症状で突然死を引き起こします。
さらに猫のフィラリアは検査で検出することも難しいので、犬猫どちらの場合も予防薬を使って予防をすることが大切です。

今はフィラリアの予防薬も開発が進み、薬の種類もとても多くなりました。
それぞれの薬に長所があるので、自分が飼っている犬猫の性格や特徴に合わせて薬の種類を選べば投薬も楽に行うことができるでしょう。
たとえば食べることが好きな子の場合はチュアブルタイプ、薬を吐き出してしまう子はスポットタイプといったように薬の種類を選べる時代になっているんです。
わざわざ動物病院へ行かなくても通販でフィラリア予防薬を手に入れることもできるので、できるだけ安くフィラリアを予防したいという人は通販を利用することをオススメします。